ソラスト新江古田
(認証保育園)

2011年3月にオープンした「ソラスト新江古田」は、練馬区の目白通りに面したマンションの1・2階にある保育園です。都営大江戸線新江古田駅から徒歩7分。室内階段で1階と2階を行き来でき、2階には雨天でも遊べる広いホールを備えています。0~2歳児のクラスは保育室が独立しており、落ち着いた環境の中で一日を過ごせます。
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北2-17-11 ローレルハイム1・2階
TEL 03-5912-0880

東京都内の保育士・保育スタッフ募集中! 保育園の求人情報を見る

職場の「元気」、探してみました!

保護者の信頼と安心につながる取り組みとは?

ソラストの保育園が目指すのは、「もうひとつの我が家」。子どもたち一人ひとりの元気で健やかな毎日のため、園全体でご家庭の延長線上のような、つまり、「お母さんの手のように」深い愛情を持った保育サービスの提供に努めています。

それは、子どもたちのためだけではありません。保育士の仕事は、保護者との人間関係もとても大切です。ソラスト新江古田では、子どもたちはもちろん、保護者のみなさまにとっても「もうひとつの我が家」であることを重視し、保護者対応力の向上にも力を注いでいます。子どもたちが元気にのびのび過ごせること、保護者のみなさまもホッと安心できる場所であること。これがソラスト新江古田の目標です。

保育士が保護者との信頼関係を築くためには、あいさつも大事なコミュニケーションのひとつ。たとえば、朝、お子さんを預けて出かけられる保護者には「いってらっしゃい」、夕方お迎えにこられた方には「お帰りなさい」と声をかけるようにしています。こんな小さなことの積み重ねが信頼のための第一歩なのです。

また、保育士間で子どもの様子を共有する「クラスミーティング」では、保育のあり方について話し合ったり、毎日の連絡ノートやこれまでの議事録から何か問題がないかを確かめたりもしています。こうして、すべてのスタッフが子どもたちの状況やその日あった出来事をくまなく把握し、保護者に対して正確な報告、適切な対応ができるように徹底しています。

幅広い年齢層のスタッフがどうやって連携しているの?

ソラスト新江古田の自慢は、なんといってもチームワーク。小さい子どもを持つスタッフが保育園に子どもを預けやすい時間帯で働けるように調整し合ったり、研修に出席するスタッフが誰なのかが一目でわかるように掲示し、担当業務の交代や分担で研修に専念できる環境づくりに協力したり、一人ひとりが思いやりの気持ちを持って仕事をこなしています。

ソラスト新江古田で働くスタッフは、20代から70代まで、年齢も経験も幅広い顔ぶれ。個性豊かなスタッフが多く、それぞれの得意分野を生かして連携できるのも強みです。たとえば、ベテランリーダーと新卒スタッフ、若いリーダーと子育て中の新入社員をペアにしたクラス体制を取ることで、お互いに足りないところを補ったり、経験やライフステージに応じた良い刺激を受けながら成長していくことができます。

こうしたチームワークの良さが、スタッフの定着率の向上にもつながり、園全体で保育の質も高まります。その結果、保護者のみなさまに選んでいただける保育園になっていきます。子どもたちを元気に、保護者のみなさまにも笑顔に。そんな保育園を目指して、今日もソラスト新江古田のスタッフたちは、抜群のチームワークで助け合い、お互いを高め合っています。

ソラストは、人を元気にし、パートナーを元気にし、社会を元気にする会社。きらめいとたちが、明るく元気にいきいきと働く職場をこれからもどんどん紹介していくよ。

東証一部上場企業ソラストで、
全国21,000人の仲間と一緒に働こう!

ソラストには、保育士栄養士を志す人が安心して成長でき、活躍できるフィールドがあります。研修体制や福利厚生もしっかり整っており、長く続けられる環境が充実しているのも魅力です。ソラストの保育園で一緒にたくさんの笑顔を作っていきましょう。