保育補助とは、お子さまの受け入れから、給食やおやつの準備、お散歩など、保育全般についてサポートするお仕事です。ブランクのある有資格者の方でも、資格を持たない方でも気軽に保育の仕事に就けるチャンスです。仕事内容は、各園の状況によって異なりますが、子どもたちと関わる機会もたくさんあります。

一日の仕事の流れ

保育園によって、保育補助にあたる時間、仕事の内容、働き方などが異なります。ここでは代表的な仕事の流れをご紹介します。

早番6時間勤務スタッフの例

※これは一例です。園によって異なります。
6:45~ 出勤・受け入れ準備(掃除、前日の洗濯物たたみなど)
7:00~ 開園・お子さまの受け入れの補助
9:15~ 各クラスの準備など
10:00~ 主活動の補助(散歩、外出・室内の準備)
11:00~ 給食準備、給食介助、片付け、お昼寝準備
12:00~ 睡眠チェック、掃除、洗濯、連絡帳の記入
12:45~ 退勤

中番8時間勤務スタッフの例

※これは一例です。園によって異なります。
9:00~ 出勤・引継ぎ、主活動の準備
10:00~ 主活動の補助(散歩、外出・室内の準備)
11:00~ 給食の準備・介助・片付け、お昼寝の準備
12:00~ 睡眠チェック、連絡帳の記入
12:30~ 休憩
13:30~ 掃除・洗濯
14:30~ 布団の片付け、着替えの補助
15:00~ おやつの準備・介助
15:30~ 片付け、掃除
16:00~ お迎えの準備、補食の準備
18:00~ 退勤

保育補助への道のり

勤務開始の際は、入社時オリエンテーション研修を受講していただくため、資格を持たない方やブランクがある方も安心して働くことができます。

無資格・未経験からはじめる

応募

面接・採用決定

入社時オリエンテーション研修

勤務開始

資格・経験を活かす

応募

面接・採用決定

入社時オリエンテーション研修

勤務開始

求められる要件

保育補助に求められるスキルは?必要な資格は?やりがいは?そんな疑問にお応えするために、ソラストで働く保育補助について採用担当者に伺いました。

Q.どんな経験が活かせる?

実際に子育てをした経験や、子どもに関わるお仕事に就いていた経験を大いに活かせます。また、保育士との連携や、保護者対応が必要なため、接客など、コミュニケーション能力を要するお仕事の経験も役立ちます。

ただし、保育経験は必須ではありません。子どもたちの成長を支えたい、保護者のみなさまをサポートしたいという気持ちを大切にしています。

Q.どんな人に向いている?

・子どもが好き
・人とのコミュニケーションが好き
・健康に自信があり元気がある
・状況に応じて臨機応変に対応できる
・元保育士で結婚や出産を機に現場を離れてしまった
・社会貢献活動に関心がある

Q.どんな資格が必要?

「保育園で働きたい」「子どもと関わる仕事がしたい」という思いがあれば、資格のない方でも積極的に採用し、入社後でも資格取得支援を行っています。ただし、認可保育園では、保育士資格や子育て支援員の資格取得を必須とします。

きらめいとVoice ~ 保育補助スタッフに聞きました ~

  • 出産を機に勤めていた保育園をやめ、子どもが1歳になるタイミングでもう一度保育のお仕事をしたいと思い、ソラストに入社しました。
    保育補助スタッフとして常勤の保育士をしっかりサポートできるよう、準備などは早めに行い、わからないことはすぐに質問するようにしています。また、子どもは思いがけない行動をすることが多く、「これくらい大丈夫だろう」という甘い判断は禁物。子どもたちの安全を第一に日々の業務に励んでいます。
    この仕事の醍醐味は、子どもたちの成長を近くで見守ることができること、子どもたちの素直な心やかわいい笑顔に触れて毎日が楽しく感じられること。「先生、手をつなごう!」「先生、こっち来て~!」「先生大好き!」などと言われると、日々愛情を持って接していることが伝わったのだなと思い、うれしくなります。去年のレクリエーションでは、ご家族と一緒にいる子どもたちの、いつもとは違う輝くような表情を見て、準備の大変さも一気に吹き飛んだことを覚えています。
    やっと保育士の資格を取得したので、今後は保育士としての経験も積んでいきたいと思っています。

  • 実母がなくなり仕事を探していたときのこと。新聞の折り込みチラシで新設園の求人を見つけ、少し前に数年勤めていた仕事よりも保育士の仕事に戻りたいと思い、ソラストに応募しました。
    子どもたちと接するなかでは、褒める、気づかせる、考えさせるなど、さまざまな場面があります。普段から、園児や保護者の個性や考えを大切にしたいという思いで臨んでいますが、心が通い合ったと思えた瞬間はなんとも言えません。また、他のスタッフと共に在園児や卒園児の成長を喜び合えたとき、大きな行事をやり遂げたときなどは、この仕事に就いてよかったと心から思います。なにより、無限の可能性を持つ子どもたちの数年間に関わらせていただけることは、本当に幸せです。
    数十年の保育園勤務に加え、少しだけ人生経験も長い非常勤の私に、周りのスタッフがとても気を遣ってくださり、こちらが恐縮するほど恵まれた温かい職場環境です。これからも自身の健康管理に気を付けながら、気力・体力・集中力・笑顔を絶やさず、大好きな仕事、大好きな職場に迷惑をかけないように勤務することが目標です。

  • 入社前に園の見学に伺ったとき、子どもたちが自ら運動会の踊りを見せたいと言って披露してくれました。未完成ながらも一生懸命に踊っている姿を見て感動したのを覚えています。ソラストとのご縁も、この出来事がきっかけです。
    笑顔を絶やさないのはもちろん、何かあったときに備えて、各所への目配りは忘れません。子どもたちに納得させてあげられなかったり、無理に次の行動に移らせたりしてしまったり、他の先生の手を煩わせてしまったりしたときは、自分の未熟さにくやしい思いもしますが、どんなに小さなことでも子どもの成長を感じたときや、すやすやと気持ちよさそうにお昼寝している姿を見るだけで、充実感に心が満たされます。子どもたちのみなぎるパワーや元気は、そのまま自分の活力にもなっています。
    今後は、子育て支援員と同時に保育士の資格も取得し、常勤の先生方のように、子ども想いで感謝の気持ちを忘れない素敵な保育士を目指します。

  • 両親の介護のために薬局事務を辞めました。しばらくして、ささやかでも社会の一員でありたいと思い、ソラストに入社しました。家庭の事情に考慮いただきながら働けることに感謝する日々です。
    保育園では、子どもたちはもちろん、保護者やスタッフの方とも笑顔で接するように心がけています。感染病流行時の衛生管理など、保育園ならではの大変さもありますが、子どもたちが楽しそうにしている姿を見ること、保護者のみなさまが安心して仕事に集中できる時間を作れていると実感できることが、一番のやりがいです。園内の掃除や洗濯、製作のお手伝いなど、保育以外の仕事にも数多くかかわっていますが、先生方から「ありがとうございます」と声をかけてもらえるだけでうれしく、大きな活力になっています。
    保育士資格取得特例により、まもなく保育士資格を取得できることになり、今度は新米保育士としての日々が待っています。先輩たちに教わりながら、将来的には、子育てに奮闘するパパ・ママたちを癒せる存在になりたいと思っています。

  • 前園を定年退職し、毎日家にいて時間を持て余すのがたまらず、まだ健康に自信があるうちにとソラストに応募しました。
    遅番専門で勤務しており、掃除、雑務が主な仕事です。園内を隅々まできれいにするよう心がけているので、常勤の先生方に感謝されたり、きれいになった園内で子どもたちが安心して遊ぶ姿を見たりすると、自分の居場所を見つけたようでホッとします。また、青虫や鈴虫を園に持っていくと、子どもたちがきらきらと目を輝かせてくれて、とてもうれしくなります。そんな子どもたちが帰り、うそのように静まりかえった園で、一日を無事に終えたことに感謝する瞬間が大好きです。これからも、こうやって子どもたちと日々を積み重ねていけたら幸せです。