保育園で働く看護師の仕事って?病院の看護師との違いや求められる要件・適性

保育園看護師の具体的な仕事内容とは?

保育園内の看護師の最も重要な仕事は、子どもたちの健康管理です。子どもたちが元気で過ごせるように毎日の健康状態を診断していくことから、急に具合の悪くなった子どもやけがをした子どもの応急処置、状況に応じた治療、保育園によっては保護者への指導が含まれます。健康状態の診断には具体的に、特に健康の変化の多い0歳児の検温や1歳児の視診などが含まれます。その他の年齢の子どもたちに関しても健康状態を観察します。病気の治療中だったりする子どもがいる場合には与薬などもします。発熱の子どものお迎えが来るまでの付き添いや、病院へ急遽行く必要が生じたときの付き添いも担当することになります。場合によっては、子どもたちの健康について保護者と共有したり、相談に乗ったりすることも出てくるでしょう。また、状況に応じて保護者向けに健康情報のチラシを作ったり、インフルエンザや溶連菌の流行る時期には保育園の中で流行しないように、保育士や子どもたちへの指導などの予防も行います。

保育園で働く看護師のもう一つの仕事が、保育士のフォローです。保育園の状況によっては看護師を保育士としてカウントすることができます。また、保育園の多くは人手不足という状況です。ですから、看護師としての業務だけでなく、保育士と同じように、子どもたちの食事や排せつの世話、遊びの相手などもするように期待されます。保育園によってはこちらの仕事の方が比重が多くなることもあるでしょう。

病院で働く看護師との違いは

病院で働く看護師と、保育園で働く看護師との大きな違いの一つは、保育園で働く看護師の仕事は基本的に健康な子供たちが相手だということでしょう。病院では体調の悪い患者の状態を改善していくことが仕事なのに対し、保育園で働く看護師は健康な子供たちを観察し見守りながら、その健康の異変や、けがに対応することが仕事となっています。人によっては、病院の仕事よりも、ストレスが少ないと感じることもあるようです。

もう一つの大きな違いは、病院では医師などの下で働くイメージの強い看護師が、他に医療看護の専門家がいない中で主体的に仕事をしていくということでしょう。保育園には病院と違って、医療の専門家ばかりが集まっているわけではありません。自分以外に医療従事者としての仕事や視点を理解してくれる人は周りにいないということもめずらしくありません。ですから、しっかり医療従事者としての専門的な意見を持ち、それを周りの保育士や保護者に伝えていくことが必要になります。

保育園で看護師として働くメリット

保育園で働く看護師さんによると、以下のような点でメリットを感じる方が多いようです。

・勤務シフト(夜勤がない)
・原則、医療行為がない
・唯一の医療資格保持者として働ける

保育園で働く看護師の一つのメリットは勤務体系です。まず、病院で働く場合と違って保育園では夜勤がありません。そのため、家庭の状況などで看護師として夜勤のシフトがある働き方は難しいという方にとっても、フルタイムで働ける仕事場であるという点には大きなメリットがあります。また、基本的に保育園で働く看護師は土日休みというところが多いので、決まった日に休みが取れます。病院と異なり、夏季冬季の休暇もあるので、特に家族を持っている場合には、家族と休暇を過ごしたりしやすいことも大きなメリットです。また事務作業も病院と比べるとそれほどボリュームが多いものではないので、比較的残業も少なくて済むでしょう。

また、健康な子供たちの中で働くことになるので、病院での仕事をストレスに感じていた看護師でも、新たな気持ちで関わることができる仕事であるという点もメリットとして挙げることができます。基本的に医療行為は行わないので、それも安心して働けるポイントです。人間関係という面でも、一般的に看護師が一つの保育園に何人もいるということは少ないので、自分の仕事を自分の責任とやり方で進めていけるということに魅力を感じる方もいるでしょう。

看護師として何を求める?保育園看護師として働くことのデメリット

逆に、デメリットに感じるという声が大きいのは以下の3点です

・夜勤がない分、給与が低め
・保育補助業務を担当しなくてはいけない
・いざという時、頼れる医療従事者が周囲にいない

デメリットとしてよく言われるのは、病院での勤務と比べると給料が安いという点です。勤務時間も比較的固定で、週末普通に休めるという、病院の看護師と比べると恵まれているということを考えると、納得のいく方もいらっしゃるかもしれませんが、看護師としての待遇を望む方にとってはがっかりする点かもしれません。

また、看護師としてキャリアアップを考えていたり、一般的な看護師としての業務にやりがいを感じるという方の場合には、保育園での看護師の仕事に物足りなさなどを感じてしまうかもしれません。保育園の看護師というのは、子どもの健康や命を守るために重要な仕事ですが、保育園にいるのは基本的に健康な子どもたちですし、体調を悪くしたり、けがをしたりするとしても、保育園内で対応が求められるのは、医療行為というより応急処置です。保育園の看護師であるということは看護師のキャリアとしてはほとんど評価されません。ですから、経験を積んでキャリアアップしたいと考えている看護師にとっては向いていない仕事でしょう。

また、一つの保育園に一人の看護師という状況も珍しくないので、園でたった一人の医療資格保持者として判断に迷ったり、自分にはわからないことがあった時にすぐに相談できないということを不安に感じる方もいます。

保育園で看護師に必要な人物要件を考察!

最も重要な要件は看護師としての知識や経験です。基本的に保育園内に看護師は1人というのが一般的です。ですから、保育園内で起こった医療的な知識が必要なことに関しての判断は、自分が行っていくことになります。知識不足や経験不足による判断の遅れや迷いは周りの保育士や保護者に不安を抱かせることになってしまいます。そのようなことがあると、看護師としての仕事や役割への理解を得られにくくなってしまいますし、何より子どもたちの健康状態に大きな影響を与える場合もあります。特に小児科勤務の経験や、子どもの健康や病気、けがなどに関する知識をしっかりと持っていることは保育園内で信頼される存在となるためにも重要です。

保育園の看護師は保育業務にも大きく関わっていくことになります。子どもたちと一緒に遊んだり、世話をしたりすることが必ず仕事に含まれます。また、そのように子どもたちと関わっていくことによって、子どもたちの健康状態の変化にも気づきやすくなるということもあるでしょう。ですから、子どもが好きであるということは、保育園で看護師として働くために不可欠な要素と言って良いでしょう。また、子どもが好きというだけでなく、子育ての経験があったり、子どもの世話に慣れていること、子どもと一緒に遊べるような体力などは、即戦力として保育園で働くうえで役立ちます。保育業務に当たっては、周囲の園長先生、保育士さん、保護者の方と良好な人間関係を保ちながら園児のお世話をすることが必要です。

実際にこのような要件に合って保育園で看護師として働いているケースとして挙げられるのが、ある程度病院看護師としての勤務経験もあり、子育て経験のある方です。病院看護師として働くことは難しいと感じている場合でも、保育園の看護師であれば、勤務形態など条件が合いやすいですし、何よりも今までの看護師としての経験、子育ての経験を活かして働くことができます。保育士の補助業務にも順応しやすいですし、保護者の方とのコミュニケーションにも経験は役立つでしょう。

まとめると、保育園での看護師として面接時チェックされる要件は以下の3点です。

・看護師として独立して働けるだけの経験・スキルがあるか
・保育業務に抵抗がないか、また、物足りなさを感じないか
・園児、保護者、保育士と良好なコミュニケーションが取れるか

経験を活かし、自分のペースで仕事ができるのが保育園看護師の魅力!

このように保育園の看護師の仕事は、病院の看護師とは異なる点が多くあります。保育士業務の補助などは、保育士との協力が欠かせず、病院とは違う環境の中で、慣れるまでに挑戦となることもあるでしょう。しかし、今までの病院看護師としての経験は保育園でも非常に重要なものとなります。子どもたちの健康の変化を把握し、体調不良やけがの処置をしたり、子どもの健康に関する保護者からの相談に乗ったりしながら、子どもたちの成長を見守ることは、責任も大きいものですがやりがいを感じることができる仕事です。

勤務形態なども病院看護師などと異なり、家族との時間も比較的とりやすいものですから、現在は病院での勤務は難しく感じているという方にとっても、看護師としての経験や資格を活かす良い機会になることでしょう。保育園で働く看護師の勤務形態は様々です。正社員としてだけでなく、派遣社員やパートでの勤務もあります。自分のペースに合った働き方ができるのも、保育園看護師の大きな魅力でしょう。

保育園での看護師求人をチェックする