一時保育室って何?月極保育との違いと求められる保育士の適性とは

一時保育室とは、普段は保育園のような保育施設に預けられていない子どもを、一時的に預かるサービスを提供しているところです。普段は家庭で保護者が世話できるとしても、場合によって子どもを連れていけない用事があったり、事情があって子どもを預かってほしいというようなときに対応してくれるので、子どもを育てている保護者にとって心強いサービスです。

保護者にとって便利な一時保育室ですが働く保育士さんにとっては月極保育と違いがあり、戸惑うケースもあるかもしれません。この記事では月極保育室で働く保育士さんの心構えや仕事内容の違いについて紹介していきます

一時保育室とは?公立・私立の違いとは

前述の通り、一時預かり保育は保護者が一時的に育児をできない場合に利用できる保育施設になります。認可保育園や認定こども園などの保育施設が一時保育室を備えている場合が多いのですが、子育て支援センターのような公の施設でも一時保育室が設けられており、自治体内に住んでいる人が利用できるようになっていることもあります。また、民間で運営されている託児所などでも一時保育のサービスを行っています。昔とは異なり、必要な時に身近に子どもの世話を頼める親族などがいないという環境中で子どもを育てている保護者が多くなっているので、年々需要の高くなっているサービスです。さらに、最近では待機児童の一時的な受け入れ先としての役割も果たしています。

公的機関の一時保育室の場合、自治体によっては利用理由が決められていることもあります。利用理由としては大きく三つに分かれています。

1.非定型保育
2.緊急保育
3.リフレッシュ保育

非定型保育

1つ目は非定型保育と言い、仕事や介護、職業訓練や就学などの理由で、ある程度の期間、継続して預かってもらうことが必要なケースです。保育園に通わせるほどではないものの、一定の期間継続して保育所にあずける必要があることが事前に判明しているケースになります。第二子の出産のために里帰りをする場合なども該当します。

緊急保育

2つ目は緊急保育、つまり急な事情で子どもを預かってもらう必要が生じた時です。例えば保護者や家族の急病やケガ、冠婚葬祭などで子どもの世話が十分にできなくなるというような場合に預かってもらうことができます。この場合は預ける保護者の方にも余裕がない場合が多いため、通常と違う気配りが必要なこともあります。

リフレッシュ保育

3つ目はリフレッシュ保育と言われる、子育てから離れて気分転換をしたり、負担を減らしたりするための利用です。「一時保育室」というと、よほどの理由がなければ利用できないというイメージがあるかもしれませんが、実際は自治体によって定められている利用条件としても、ショッピングや美容院など気分転換などで子育てに前向きになるための時間を取る場合などの利用も認められています。育児ノイローゼのニュースなどが社会問題にもなっている昨今、自治体が保護者の精神的ケアのためのリフレッシュ保育制度を設けているのです。

これらは公的機関が運営や委託を行う一時保育の例です。民間の保育施設では、定員に余裕がある限り、利用理由が定められることは稀です。利用のハードルを低くして、友達と会う間などの際に時間単位で預かることを宣伝しているところもあります。ショッピングセンター、歯科医院、企業内など様々な運営元が一時保育サービスを展開しています。料金も時間で数百円と気軽に利用しやすい金額になっているので利用者は日々増えていっています。

一時保育室と月極保育の違い

一時保育室で働く保育士の仕事は、基本的には月極保育などの保育士と変わりません。保育室に来た子どもたちを一日の予定に沿って世話し、一緒に遊んだり、食事などのフォローをしたりするのが主な仕事です。一時保育も月極保育と同じような一日のスケジュールが組まれ、遊びの時間やおやつ、食事の時間が決められています。しかし、一時的に利用するものであるという特性上、月極保育とは違う点も多くあります。

・預かるのは保育所に慣れていない子どもと保護者
・ほとんどの場合、少人数保育
・担任制がなく、異年齢保育になる
・月極保育とは違う事務作業あり

順番に違いについて解説します。

預かるのは保育所に慣れていない子どもと保護者

大きな違いは、一時保育では普段は保護者といることに慣れ、保育所に通っていない子どもが多いということです。ですから、月極保育の子どもたちと違って、自宅を離れることへの不安が強い子どもが多いでしょう。団体行動が初めての子もいますし、仲の良い子がすでに同じクラス内にいて、毎日保育園に登園することに慣れている子どもたちとは違うケアが必要になります。

保育士にとっても、月極保育と異なり、いつも同じ子どもを預かるわけではありません。月極保育なら、子どもたち全員の性格や子どもたち同士の関係性などを理解して世話することができますが、一時保育の場合には、常にいるメンバーに変更があるため、短時間で子どもの特性をつかむスキルが必要になります。これは月極保育との大きな違いです。また、初めて子どもを保育所に預ける保護者は不安や、場合によっては罪悪感を持つ場合もあります。保護者に安心して預けてもらうのも、保育士にとって重要な仕事です。

毎日同じ子どもたちの成長を見守り、ゆっくりと信頼関係を築いていきたいと考えている保育士には向いていないかもしれません。むしろ、様々な子どもたちと一緒に遊び、それぞれの子どもたちの性格などを見て、それに合った接し方をできる保育士、それを楽しむことができる保育士は一時保育室に向いていると言えるでしょう。様々な子どもと接することで、経験を積んでいきたいと思っている保育士にとっては最適な環境と言えます。また、子どもたちだけでなく、毎日違う保護者と付き合うことにもなります。そんなコミュニケーションを楽しめる、あるいは気楽と思える保育士には適性があると言えるでしょう。

ほとんどの場合、少人数保育

施設により違いがありますが、一クラス数十人の保育園などとは異なり、一日につき10名弱の少人数制になっている保育室がが多くあります。日によっては預かり人数が定員以下ということもありますから、その場合は4~5名ということも。保育できるのは限られた日だけとはいえ、一人ひとりの子どもとじっくり向き合うことができるのは少人数制を志向する保育士にとって魅力といえそうです。

少人数で限られた日だけを預けられるため、保護者の方も月極保育に通わせる前に慣れさせる目的で一時保育を利用する場合もあるようです。大勢の子どもの中で過ごすことに慣れていない子どもでも、少しずつ保護者の元を離れることで、無理なく集団保育に慣れていくことができるでしょう。保育士としても、一時預かりを通じて子どもが社会生活の第一歩を踏み出すことに貢献することができます。

担任制がなく、異年齢保育になる

一時保育室で預かる年齢は0歳児から就学前までの子供の場合がほとんどです。今まで同学年の担任を持って働いていた保育士さん、認証保育所で低年齢児だけを見ていた保育士さんにとって「毎日が縦割り保育」ともいえるような違う学年を見ることに最初は戸惑いがあるかもしれません。少子化の影響で、違う年齢の子と遊ぶことに慣れていない子も多くいます。気の弱い子・低年齢の子がいれば保育士が同年齢の場合以上にしっかり見守る必要があります。

年齢によって分かれているクラスの担当を任される月極保育園では子どもの年齢や関心に合わせて、事前に遊びの予定などが準備できます。しかし、当日の年齢層や子どもたちの様子で、例え準備していたことがあったとしてもそれが変更になるということは珍しくありません。常に子どもたちの状況を観察しながら、臨機応変に対応できることが適性として挙げられるでしょう。

イベントはないが、月極保育とは違う事務作業あり

月極の保育士さんが行う事務作業として、園への報告書の他に、連絡帳の記入(入力)やイベント計画作成などが発生します。一時保育室では季節行事はほとんどありませんし、保護者への連絡帳やおたより作成も基本的に発生しません。季節行事や雑務で残業が多く、持ち帰りの仕事をしている方には魅力的な環境に感じるかもしれませんね。代わりに「何月何日に」「どこにお住いの」「どのお子さんを預かったか」「一時預かりの利用目的は何か」などを聞き取り、報告書にする必要があります。また場合によっては一時預かり料金の金銭授受が発生することもあるかもしれません。自治体が運営する一時保育室の場合は家計の状況によって金額が違うこともありますから、金銭授受は注意が必要です。

一時保育室で働く保育士の待遇について

一時保育室で働く場合の待遇ですが、イベントや季節行事がないため残業が少ない傾向です。また、自治体や保育園が運営する場合、夜間の延長保育が無い場合も多いため平日レギュラータイムに働きたい保育士さん、家庭と両立したい保育士さんにとってはねらい目です。

ただし、給与に関しては月ぎめ保育よりやや低いケースもあります。求人票を良く見てご自身のメリット・デメリットを判断する必要があるでしょう。

まとめ:月極と違うやりがいあり!一時保育室のお仕事

一時保育室は急に子どもを預かってもらう必要が生じた場合や、育児疲れなどでリフレッシュが必要になった時に頼れる、親にとってはとても心強いサービスです。実は、最近では待機児童が多く、月極保育などを利用できない子どもたちを預かってもらう場として機能している自治体も多くあり、一時保育室のニーズは年々高まり、その役割は重要なものとなっています。ですから、一時保育の求人はますます増えていくのではないでしょうか。

長期的に信頼関係を築いていくことができる月極保育と違い、一時保育室で働く保育士には、数時間だけの利用の場合でも子どもたちに親しみ、保護者とも信頼関係を築く必要があります。そのためには順応性やコミュニケーションスキルが重要になります。しかし、普段親といることに慣れている子どもが不安に思いながら親に連れられてくる中で、一時保育室にいる時間を楽しんでくれること、また、保護者の緊急時の助けになれること、一時保育室での子どもの様子を聞いて子どもの成長を感じて喜んでくれることはこの仕事に関わる保育士にとっての大きなやりがいといえます。

一時保育室の求人をチェックする

新着記事