地域限定保育士とは?一般保育士との給与・待遇の違いや資格取得方法について

地域限定保育士とは、正式には「国家戦略特別区域限定保育士」と呼ばれる保育士資格です。「普通の保育士と何が違うの?」「資格試験の難易度は?」など気になる点をこの記事でまとめてご紹介します。

地域限定保育士って何?

経済活動のますますの発展を期待して指定された地域である「国家戦略特別区域」には、同時に待機児童が多いという問題がありました。そこで、地域の保育士不足解消のために保育士を増やし、雇用の機会を増やす目的で平成27年の法律制定によりスタートのがこの制度になります。

地域限定保育士が実施されている地域は、国家戦略特区の中でも一部の区域に限られます。過去には神奈川県や千葉、大阪府、沖縄などで実施されていますが、地域限定保育士試験を実施する地域には変更があるので、実施状況は一般財団法人全国保育士養成協議会のホームページで確認しておきましょう。

地域限定保育士と一般保育士との違いは?給与は違うの?

地域限定保育士は、登録後3年間は試験に合格した地域内でしか保育士として働けません。これが地域限定保育士と一般保育士の大きな違いになります。

逆に言えば、地域が限定されるのは最初の3年だけ。4年目以降は一般の保育士と同じように全国で働けるようになります。もともと特定の地域の保育士不足解消のために始まった制度なので、少なくとも3年はその地域の保育士不足解消のために働きましょうという趣旨であることを考えると、それなりに納得のいく条件なのではないでしょうか。

なお、この期間は保育士登録してからの期間になります。その地域で実務経験が3年必要というわけではありません。ですから、試験合格後にはなるべく早く保育士登録をするのがおススメです。

どちらの資格も、実施できる保育業務の範囲に違いはありません。そのため、給与や待遇が異なることは基本的にないでしょう。

地域限定保育士の資格試験とは?受講資格や制度について

試験の難易度

地域限定保育士の試験は比較的かんたんなのではないかと期待する方もいるかもしれません。しかし、出題範囲や難易度は一般保育士と同じです。

受験資格

受験資格も一般の保育士試験と同じですので、受験のために、引っ越しする・住民票を移すなどの必要はありません。どこにお住まいの方でも、申込をすれば受験することができます。

考え方を変えれば、特定の地域において、保育士試験のチャンスが1回増えただけと考えることもできます。試験で合格した科目は有効期限が合格した年を含めて3年間(※場合により延長可)ですので、試験回数が増えれば合格のチャンスも増えるでしょう。

ちょっとラッキーなケースも?

地域限定保育士の試験において、一部の地域では、実技試験の代わりに実技講習会が実施される場合があります。例えば、平成29年神奈川県の地域限定保育士試験では、実技試験に代わりに5日程度の実技講習会を実施すればOKでした。実技試験と違い、実技講習会であれば「緊張で失敗してしまう」ということは避けられます。普段はできることが、緊張するとあがってしまってうまくいかないというような方にとっては、実技試験が講習で済むというのは、精神的な負担の軽減になる嬉しい違いでしょう。

地域限定保育士を受ける場合の免除科目の考え方

免除科目の扱いは、基本的に同じ!

一般保育士試験でクリアした科目は、地域限定保育士試験では免除されます。また、地域限定保育士試験でクリアした科目は、一般保育士試験では免除されます。両方の試験を利用しながら、効率的に資格を取得することができますね。

地域限定保育士資格と一般保育士資格の分かれ目は?

自分の資格が「地域限定保育士資格」になるか、「一般保育士資格」になるかは、「合格が決まる試験がどちらだったか」で決まります。

一般保育士試験の合格は、最終的に実技試験で決まります。つまり、合格した実技試験が「一般保育士試験」「地域限定保育士試験」のどちらだったかで、資格の種類が決まります。極端な例を言うと、すべての筆記科目を「地域限定保育士試験」合格したとしても、最後の実技試験だけ一般保育士試験を受験し合格した場合には、一般保育士資格を付与されるということです。

一方、幼稚園教諭免許を持っている場合を考えてみましょう。 幼稚園教諭免許を持っていれば、実技試験が免除されますので、筆記試験が受かれば合格となります。この場合は、筆記試験のすべての科目が合格となる最後の試験が「一般保育士試験」「地域限定保育士試験」のどちらだったかで資格の種類が決まります。

免除科目の消失に注意!

一度どちらかの一般保育士試験に合格した場合、免除科目はなくなってしまいます。

例えば、一般保育士試験において、一部の科目が免除されている方が、地域限定保育士試験で合格したケースを考えてみます。 合格後に「やっぱり一般保育士の資格が欲しい」と思っても、免除科目はなくなってしまいます。どうしても一般保育士資格が必要な場合は、再度一般保育士試験に合格するか、地域限定が解除される3年が過ぎるのを待たなければならないということになります。

地域を限定するメリット・デメリット

メリットは受験のチャンスが増えること

一般保育士試験は試験科目数が多いですが、1回の試験ですべての科目を合格する必要はありません。複数科目ある筆記試験と実技試験を3年間のうちにすべて合格すれば良いということになっています。つまり、平成27年より前は3年間で3回のチャンスの中ですべての科目をクリアしなければならなかったのが、平成28年以降は一般保育士試験だけで3年間で6回のチャンスが、そして、地域限定保育士試験が別個に実施された場合には最大で3年間のうちに9回ある試験で全科目を合格すれば良いということになったわけです。これは大きな違いです。プレッシャーのかかり方にも大きな違いがあると言えるでしょう。

デメリットは、3年間働く地域が限定されること

決して長い期間ではないとはいえ、結婚が決まったり、家族の状況変化があった場合は、3年間の過ごし方が難しく感じるかもしれません。女性が多いのが保育士業界です。現状、自分以外の都合で住む場所や働き方に影響がでるケースがあることは否定できないでしょう。

生活の変化の可能性がある方が地方限定一般保育士試験を受験する場合、事前に自分のキャリアプランを考えておくことが重要です。家族やパートナーとも、きちんと話し合っておくのが良いでしょう。今のところ生活の変化の予定がない、むしろ特定の地域で働きたい、というはっきりしたキャリア設計を持っている方は、地方限定一般保育士試験を積極的に利用することができます。

まとめ:制度をうまく利用して、早期に保育士として活躍を!

地域限定保育士試験は、うまく利用すれば、科目免除の有効な3年間のうちに試験受験のチャンスを増やすことができるとても有益な制度です。決して実施している地域は多くはありませんが、チェックしておくと良いでしょう。

地域限定保育士試験を利用しながら一般保育士資格が欲しいという場合には、地域限定保育士資格に合格すると、一般保育士試験で取った科目が免除対象外になってしまう可能性もあります。計画的に受験し、資格取得をめざしてください。

制度の元々の目的は、保育士が特に不足している地域で、保育士を増やしたいということ。地域限定保育士試験を利用する場合には、その制度の趣旨を踏まえたうえで、積極的にチャレンジしてみてください!

保育士求人を探してみる