都心へのアクセス便利!府中市で働く魅力を保育士の視点で紹介

府中市は東京都内で子どもを育てるのにおススメのエリアとして紹介されることが多い地域です。そのため保育所などのニーズも多く、保育士にとっては勤務先候補の一つとして気になる地域です。この記事では、実際に府中市が子どもを育てる家族におススメとされる理由と、そこからわかる府中市で働くのが合っているのはどのような保育士なのか、そして実際に府中市で働くとすると、どのような条件が待っているのかを見ていきます。

緑いっぱい!府中市の魅力

府中市は東京都23区外の多摩地域にある人口26万人超の自治体です。地理的には東京の真ん中あたりに位置しており、交通の便もよく、京王線で新宿や渋谷などのターミナル駅に30分~40分で出ることができるためベッドタウンとして人気があります。都心に働きに出る人にとって住みやすい地域と言えます

保育士の需要予測

府中市の保育所数

府中市の保育所の数は、2020年4月時点で市立保育所13、私立保育所42、地域型保育事業3、認証保育施設18となっています。実際に府中市の求人情報を見てみると、2020年の4月以降に開園予定の保育園も複数あります。府中市では市による子育ての支援の取り組みが積極的になされています。子どもを預けて働く家庭も多く、東京都の市の中では、就学前児童人口が3番目に多いというデータがあります(2019年)。今後も保育士の求人は増えていくと考えられるでしょう。

待機児童数推移

府中市の待機児童推移をみると、2017年の時点では東京都の市の中でワースト1の待機児童数で、東京都全体の中でも5位に入る383名でした。しかし、最近では状況も改善され2019年には146名と待機児童者数は減ってきています。これは前年の2018年から見ると102名の減少となり、大幅に改善しています。一方待機児童数は、実際には「特定の保育所の入園を希望しているため、入園待ちをしている状況」である隠れ待機児童が入っていないことなどを考えると、府中市の待機児童問題はまだ解消されていないのも事実です。引き続き行政による取り組みがなされていくことが予想されます。

府中市による子育て支援

府中市のホームページを見ると、多くの支援制度があり、さまざまな年齢や状況に応じた子ども向けの補助金制度なども整備されています。また「Fu-CHUこそだてサイトふわっと」というサイトや子ども支援センターをはじめとした子育て支援の環境も整っており、経験のない中で子育てをする家族にとって心強い街だと言えるでしょう。

共働き家庭の助けになる夜間一時保育やショートステイ、一時保育への取り組みが、市の施設である「たっち」「しらとり」や他の保育施設と連携して実施しています。これらの施設では、子どもの世話だけでなく、保護者支援も含めた全体的な子育て支援の取り組みがなされています。

府中市の保育士の平均給与は?

府中市の保育士の月給は、大手求人サイトで見ると200,000円~260,000円スタートが一般的。私立の保育所では最低で月給200,000円を超えるところがほとんどです。もちろん、スキルや経験があるのであればさらに高い給与を期待することも可能です。平均給与は東京都内の保育士として高いとは言えませんが、保育士の全国平均給与を上回る収入を期待できるのではないでしょうか。

府中市の保育士求人例

実際の府中市の保育士の求人を見てみましょう。

例1)府中市本町にある認可保育所での保育士(正社員)

職種 保育士
仕事内容 認可保育園における保育業務、0~5歳児の見守り、食事やトイレ補助、保護者対応、書類記入など
給与 月給210,000円~、賞与:年2回(実績4ヵ月分)
雇用形態 正社員
勤務時間 7:00~19:00の間で8時間シフト制
応募資格 保育士資格をお持ちの方
福利厚生 社会保険完備、退職金制度、交通費支給他

こちらの求人は勤務時間が遅いシフトでも19時までというのが魅力。月給21万円スタート、正社員で賞与は実績に応じ4ヶ月分支給されるようです。

例2)府中市小柳町にある認可保育園での保育士(正社員)

職種 保育士
仕事内容 保育士業務全般、0歳児~2歳児の保育
給与 月給235,000円~、賞与:年2回
雇用形態 正社員
勤務時間 7:00~21:00の間で8時間シフト制、残業あり
応募資格 保育士資格をお持ちの方
福利厚生 社会保険完備、育児時短勤務制度、交通費支給他他

こちらの求人は、0歳児~2歳児という低年齢保育の保育士であることが特徴。小さな子を、少人数でゆっくり保育したい方に向いた求人と言えるでしょう。

府中市で働く保育士のメリット

保育士が府中で働くメリットは以下3つが考えられます。

・自然豊かな環境
・交通の便が良い
・安定した税収源がある

それぞれについて、詳しく見ていきます。

自然豊かな環境

府中市内には、都立府中の森公園・都立浅間山公園などの公園が多くあります。また、公園まで行かずとも市川緑道、新田川緑道、二ヶ村緑道などの緑道や、歴史ある大國魂神社など自然に恵まれた土地があり、子育て世代に大変人気のある地域となっています。さらに、府中市郷土の森公園内にある交通遊園や東京競馬場、都立武蔵野公園など子ども連れで楽しんだり、学んだりできる施設もあります。穏やかな環境で保育を行うことができ、お散歩コースも充実しているので自然豊かな土地で保育を行いたい保育士さんにぴったりの環境です。

交通の便が良い

京王線の府中駅は特急がとまる駅。新宿駅までは特急で乗り換えなしで21分、渋谷駅までは明大前駅乗り換えで30分弱と、都心までのアクセスが非常に便利です。地下鉄の都営新宿線への直通乗り入れがあるため、一がやや九段下といった官公庁街へも1本でアクセスできます。平日通勤ラッシュのピーク時に特急がないので注意は必要ですが、それを差し引いても交通の便が良いといえるでしょう。京王線のほかにも、南武線、武蔵野線、西武多摩湖線が市内を通っています。また、中央自動車道の稲城ICも府中市内にあります。

安定した税収源がある

府中市は東芝やサントリーの工場、公営競技施設の東京競馬場や多摩川競艇場があり、安定した税収を見込める自治体です。特に多摩川競艇場は青梅市、および東京都四市競艇事業組合が施行している公営競技として、府中市に安定した税収をもたらしています。

府中市で働くデメリット

逆に、府中市で働く上で心配になる点も上げておきます。

治安が心配な地域がある

府中市に安定した税収をもたらす公営競技場は、近年イメージアップされ、対策として警備員や交通整理員が多く配置されていますが、小さい子供連れの場合などは開催日の喧騒が気になるかもしれません。

マンションが高騰してきた

不動産サイト調べによると、府中市の中古マンションの平均価格が2010年から2019年の間に20%以上上昇しているとのこと。府中駅近を中心に、マンション価格が高騰しているようです。不動産価格や賃料が高くなると、若い世帯が転入しにくくなり、結果として児童数減少につながりかねません。府中近辺に住む保育士さんにとってもチェックが必要でしょう。

まとめ:府中市で満足できる保育士求人を見つけよう

府中市は都内でありながらも、自然の多い穏やかな環境が特徴。大きな園庭を持つ保育園も、近くにお散歩できる公園もありますから、たくさん身体を動かしながら保育したい方、自然や生命の営みを身近に感じながら保育したい保育士さんにおススメのエリアです。

また、府中市は子どもたちだけでなく、働きながら子どもを育てている保護者の悩みや相談受ける活動に力を入れています。また、府中市は経験によっては保育士の平均給与を上回る収入が期待できる地域ですから、転職先候補の一つとするの良いかもしれません。