暮らしやすさと自然が共存する東村山市は保育士ニーズが増加中!

東村山市は、東京都下の多摩地域北部にある自治体。国民的なコメディアンである「志村けん」の出身地としても知られています。東京都内にありながら自然に囲まれた場所で、市内にある八国山緑地は、アニメ映画「トトロの森」の舞台ともいわれています。ここでは、そんな東村山市の保育をめぐる状況と、保育士のお仕事を探すメリット・デメリットについてご紹介していきます。

東村山市ってどんなところ?

東村山市は武蔵野台地のほぼ中心に位置しています。現在でも梨や植木の生産がおこなわれており、都心からそれほど離れていないにも関わらず、緑豊かな地域です。野菜の路地販売や地元の商店街が残り、のんびり子どもを連れて散歩するのにも適しています。子育て世代にとっては魅力の多いエリアと言えるでしょう。

東村山市は西武新宿線や西武池袋線で高田馬場駅や西武新宿駅まで30分程度で到着します。電車の便だけでなく、新青梅街道と府中街道により車でのアクセスが良いのが特徴。そのためベッドタウンとしても人気で、東村山駅周辺を中心に再開発が行われ、高層マンションが建設されています。

保育士の需要予測

東村山市の待機児童数

東村山市の2019年の待機児童数は91人。特別多いわけではないのですが、待機児童0を目標にしている東京都の中で、2019年に待機児童数が2桁増加した数少ない地域の一つです。2018年から2019年の待機児童増加数は+86人で、東京都の市区町村の中で最も待機児童が増えた市となりました。

保育所の定員数は増えていますが、それ以上に新規入園申請数が増えているのが東村山の現状。そのため、東京都の中でも特に保育所に入ることが難しい地域となっています。ですから、これから待機児童数減少のための対応がなされ、保育士の働く場所も増えていくのではないでしょうか。

東村山市の保育所数

2020年5月時点の東村山市の保育所数は、公立保育所:6件、私立保育所:17件、認定こども園:3件の計26件です。地域型保育事業施設は、居宅型の家庭的保育事業(保育ママ):2件、小規模保育事業A型:5件、B型:6件、事業所内保育事業:1件となります。これとは別に、認可外認証保育所、企業主導型保育事業所や無認可保育施設が複数存在します。

保育所数が少なく感じるかもしれませんが、ここ最近特に子育て世代に人気の出てきている地域ですから、今後保育園の数が増えていく可能性が高そうです。

子育て支援制度

東村山市は「子育てするなら東村山」を目標として子育て支援事業計画を進めています。

子育て総合支援センター「ころころの森」では、子ども・親・子どもの関係者が悩みを相談できます。また、ホームページで子育てに必要な情報を発信したり、親同士が情報交換や交流するための市民サークルの活動の場を提供するなど幅広い取組みを行っています。

東村山市は子育て家庭への訪問事業も積極的です。生後4ヶ月までの乳児のいる家庭を保健師や助産師が訪問し、子どもが健やかに育つために必要な支援を行う「乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)」や、地域担当の保育士が就学前の子どものいる家庭を訪問する「すくすく訪問」が行われています。

東村山市の保育士の平均給与は?

大手求人サイトを調べてみると、東村山市の保育士の平均給与は220,000円~230,000円程度。これは保育士の平均給与よりを上回る金額ですから、保育士として働くのに魅力のあるエリアと言えます。ただし、23区と比較すると若干見劣りするかもしれません。

とはいえ、家賃も物価も東京都の中ではリーズナブルな地域ですから、初めて家を出て保育士として働き始めるという新米保育士にとって、安心して生活をスタートできる場所だと言えるのではないでしょうか。

東村山市の保育士求人例

例)富士見町にある保育所での保育士

職種 保育士
仕事内容 乳幼児の保育業務全般
給与 月給232,000円~256,000円、昇給年1回、賞与:年2回
雇用形態 正社員
勤務時間 7:00~19:00の間で8時間以上
応募資格 保育士資格をお持ちの方 ※転職希望者、未経験者、ブランクあり歓迎
社会保険 社会保険完備、交通費支給、退職金制度他

こちらは、こちらは、西武多摩湖線・国分寺線沿いにある富士見町エリアの求人です。域内には都立東村山公園もあるので、子どもたちとお散歩するのによさそうですね。

例2)野口町にある保育園での保育士サブリーダー

職種 保育士(サブリーダー)
仕事内容 保育実務、リーダー候補としてリーダーのサポート業務、保育士・保育補助スタッフのまとめ役
給与 月給250,000円~
昇給年1回、賞与:年2回、交通費別途支給
雇用形態 正社員
勤務時間 6:45~21:00の間で実働8時間のシフト制、残業なし
応募資格 保育士資格をお持ちの方、実務経験をお持ちの方(目安3年程度)
社会保険 各種社会保険制度あり(法令通り)

こちらはサブリーダーの募集です。実務経験3年~応募可能なので、少し保育の現場に慣れた方、ブランク復帰後自分のペースがつかめてきた方にもおすすめ。役職付き求人の面接では、しっかり自分の経験をアピールできるようにしておきましょう。

東村山市で働く保育士のメリット

武蔵野の自然が豊か

東村山市で保育士が働く際のメリットは、武蔵野の豊かな自然です。菖蒲で有名な北山公園をはじめ、狭山公園、八国山緑地・淵の森といったトトロの森といわれる緑地や、野菜畑、梨や栗の果樹園もあります。子どもたちにとって、身体を動かす外遊びができたり、虫取り遊びを通じて生命の尊さを知る機会があるのは郊外ならではの魅力です。

園外の環境だけでなく、園内に畑を持つ保育所や湖のすぐそばにある保育所、園庭がとても広い保育所もありますから、自然の中で子どもたちと遊びたい保育士さんにとっては大きな魅力のある地域です。

家賃が安く暮らしやすい

一人暮らしに適したワンルーム・1K・1DKの平均家賃を大手不動産サイトで調べたところ、東京都平均7.5万円に対して、東村山市の平均は5.0万円。かなり家賃が安いエリアになります。若手の保育士さんや、貯金をしたい保育士さんにはうれしいエリアと言えそうです。

多世代交流が期待できるかも

公立保育園の中には、老人ホームと併設されている保育園もあります。核家族化が進む中で、子どもがおじいちゃん・おばあちゃん世代と交流できるのは興味深い経験となることでしょう。実際、東村山市は23区内に比べて土地が安いせいか、市内に215の介護施設が立地しています・老人ホーム併設園でなくても、自然に多世代交流がしやすい立地かもしれません。

東村山市で働くデメリット

都会のイメージを感じられない

緑豊かな多摩地区の自然と、都心へのベッドタウンの顔を持つ東村山市。生活のための買い物は市内で済ませることができます。しかし、若者が遊ぶ場所や、ちょっとおしゃれなものを買うような場所は少なく、都心まで出なくてはいけません。東京に住みたくて上京してきた方などは「思ったより都会じゃない」なんて感じる方もいるようです。

子育てするなら東村山が合言葉のエリアでのびのび保育!

東村山市は都内でありながら、のんびりと穏やかで自然に囲まれた地域が多く、子どもを育てるのに適した環境が整っています。のびのびと穏やかな環境で子どもを育てたい保育士にとって、非常に魅力的な地域です。東村山市は待機児童が増えており、「子育てするなら東村山」を目標として子育て支援を行っているわけですから、今後も保育施設の新設が期待できます。新しい環境で働きたい、多くの求人の中から自分に合った職場を選びたい保育士さんにとって、東村山市は魅力的なエリアになりそうです。

新着記事