発展中のベッドタウン、千葉県佐倉市で保育士のお仕事を探してみよう!

佐倉ふるさと広場のチューリップ

佐倉市は都心まで1時間程度でアクセスできる一方、成田空港へもほど近い場所にあります。駅周辺は新築マンションやニュータウン建設されていますが、中心地から離れればヤマトイモ作や稲作を行う穏やかな農耕地帯や佐倉藩武家屋敷群をはじめとする歴史的建造物もある魅力あふれる都市です。この記事では、千葉県佐倉市で働く保育士さんを取り巻く現状を調べてみました!

佐倉市ってどんなところ?

印旛沼の風景

佐倉市は千葉県の北部に位置しており、佐倉城の城下町と栄えた地域です。城の跡地には「佐倉城址公園」があり、桜の名所であり、春はたくさんの人とが集まります。佐倉城周辺には日本遺産にも認定されている武家屋敷などの街並みが残っており、観光名所となっています。新町通りではかつての城下町の様子を再現する「佐倉時代まつり」が開かれ、子どもたちは楽しみながら歴史に触れることができます。

保育士の需要予測

保育園で遊ぶ女の子

佐倉市の待機児童数

佐倉市の待機児童数は、2017年に一度0人まで減少しています。しかし、2018年には15人、2019年には29人と倍近くまで増えています。また、佐倉市の2019年の待機児童は、総人数29人のうち22人を1歳児が占めているという特徴があります。

佐倉市が発表した「子ども支援計画」でも、3歳児未満児の保育施設受け入れ枠を拡大する必要について触れています。今後は低年齢児を中心とした待機児童解消に向けての取組みがなされることが期待されます。

佐倉市の保育所数

佐倉市内には、公立の認可保育施設が7、私立の認可保育施設が24、私立の認定こども園が4、小規模保育施設が4、事業所内保育事業が2あります。その他、市の公式サイトに載っている認可外保育施設が2あります。

佐倉市の子ども支援事業計画によると、「今後子どもの数は減っていくとしても、出産後も仕事を続ける保護者の数は増えていくと思われる」、「一部の地域では人口の増加が予想される」ということから、今後新しい保育園を開設したり、既存の保育施設の定員を増やしていくことを検討しているようです。

子育て支援制度

佐倉市では、保護者や子どもたちの交流・相談場所として、市内の子育て支援センターだけでなく、公立・私立保育園、認定こども園を「地域子育て支援拠点」として制定しています。また、ショートステイ事業や一時預かり、病児保育に関しても受け入れ態勢を保持しています。

佐倉市では、中学3年生までの子どもの通院1回につき自己負担200円、入院1日につき自己負担200円、調剤は自己負担なしという医療費助成制度があります。詳細な条件は子ども医療費助成制度についてをご覧ください。

佐倉市の保育士の平均給与は?

佐倉市での保育士平均給料は、大手求人サイトによると月給205,000円~220,000円程度のようです。千葉県の保育士求人の平均月給が216,000円程度ですから、県平均とほぼ同じと考えることができるでしょう。大都市圏と比べると少なくはなりますが、その分家賃や物価が安く済むのはメリットと言えるのではないでしょうか。

佐倉市の保育士求人例

例1)佐倉市にある認可保育所での保育士

職種 保育士
仕事内容 保育業務全般および管理補佐業務
給与 月給212,000円~272,000円
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給
雇用形態 正社員
勤務時間 7:30~20:30 ※8時間シフト制
応募資格 保育士資格をお持ちの方
※経験不問、新卒・第二新卒歓迎、ブランクOK
福利厚生 社会保険完備、福利厚生会員他

こちらは認可保育所での保育士募集です。新卒・第二新卒OKで、給与も平均より高めのようです。福利厚生の内容は、面接でも確認しておきましょう。

例2)佐倉市にある認可保育園での保育士サブリーダー

職種 保育士(サブリーダー)
仕事内容 保育士実務、将来のリーダー候補としてリーダーのサポート業務、保育士・保育補助スタッフのまとめ役
給与 月給250,000円~
昇給年1回、賞与年2回、交通費支給
雇用形態 正社員
勤務時間 6:45~21:00の間で実働8時間のシフト制
応募資格 保育士資格をお持ちの方
※保育士資格をお持ちの方、保育士としての実務経験をお持ちの方(目安3年以上)
※キャリアアップ研修修了者歓迎(修了していなくても入社後に受講可能)
福利厚生 各種社会保険制度あり(法令通り)、育児・介護短時間勤務制度

役職付きの保育士募集です。サブリーダーとしての入社のため、スタートから月給250,000円以上と高収入。将来的にリーダー、主任へステップアップしたい方にもおすすめです。

佐倉市で働く保育士のメリット

歴史ある城下町

佐倉市は千葉県の北部に位置しており、佐倉城の城下町と栄えた地域です。城の跡地には「佐倉城址公園」があり、建物はないものの、春は桜の名所としても有名でたくさんの人とが集まります。佐倉城周辺には日本遺産にも認定されている武家屋敷などの街並みが残っており、観光名所となっています。

新町通りではかつての城下町の様子を再現する「佐倉時代まつり」が開かれます。子どもたちは着付け体験や当時の遊びを体験することができ、楽しみながら歴史に触れることができます。

成田空港が近い

都内へのアクセスだけでなく、成田市へのアクセスが良いのが佐倉市の特徴。佐倉駅から成田空港(成田第1ターミナル)駅まで、JR成田線快速で30分を切るアクセスです。飛行機に乗るだけでなく、近年は空港周辺にはショップやグルメエリアが充実しているので、遊びに行くためにもおすすめできるのスポットです。

成田空港は、国土交通省が2019年11月に新基本計画にて、滑走路の新設や延長などの開発計画を発表しました。また、空港だけでなく、JR成田駅周辺の再開発も行われていることから、佐倉市には成田市内で仕事をしている保護者が多く、今後も増加していくことが期待されています。

自然が豊か

東京・成田市のベッドタウンの色合いが強い佐倉市ですが、市の北部は印旛沼が広がる自然豊かな地域が広がります。風車とチューリップ畑が広がる佐倉ふるさと広場や、ラベンダーランドでは一面の花畑を鑑賞できます。また、特に弥冨・和田地区では近郊農業が盛ん。ヤマトイモ、養豚、稲作が盛んで広々とした田畑の風景が広がります。

子どもたちを自然豊かな環境で育てたい保育士さん、広々した土地を散歩したり、運動させたりしたい保育士さんにとって良い環境といえるでしょう。

佐倉市で働くデメリット

電車・バスの本数が少なめ

京成佐倉駅から日暮里駅まで1時間以内、成田空港まで30分以内でアクセスできる佐倉市。ですが本数は多くなく、平日昼間ともなると1時間に4~6本前後と、1本電車を逃すとかなり待つことになります。電車で通勤したい保育士さんは、時刻表をしっかり確認して余裕をもって行動しましょう。

自動車通勤の場合も、場所により道が狭いことがあります。いずれにしても交通アクセスはしっかり確認しましょう。

人気の住宅地、佐倉市で保育士の求人を探してみよう!

佐倉市上座総合公園の交通公園

佐倉市は、印旛沼をはじめとした自然や農地が多く、のどかな土地にあります。自然の中で子どもをのびのびと育てたい保育士や保護者にとって適した環境といえるでしょう。一方、ユーカリが丘や京成線の駅周辺など開発の進んでいるエリアもあり、東京都東部にも、成田空港周辺にもアクセス可能なことから、これから人口が増え、子育て世代が入ってくることが期待できる場所でもあります。

保育施設も地域の子育て支援に大きく関わっており、保育士も地域の一員として子育てを応援する機会も多いので、やりがいも感じられるでしょう。ぜひ、佐倉市でご自分に合った保育士求人を探してみてください。