保育指導案とは?「ねらい」「環境構成」など書き方のポイントを解説!

実習生からベテランの保育士まで、保育に関わるのであれば誰もが保育指導案の作成を経験します。特に実習生にとっては悩みのタネになりやすいものですが、ベテラン保育士でも作成が難しいものです。そこで今回は保育学生、保育士に欠かせない、保育指導案について詳しく解説します。

保育指導案とは

保育指導案は「指導計画」とも呼ばれるもので、以下のように定義されています。

指導計画は、全体的な計画に基づいて保育を実施する際のより具体的な方向性を示すものであり、実際の子どもの姿に基づいて、ある時期における保育のねらいと内容・環境・そこで予想される子どもの活動や、それに応じた保育士等の援助・配慮すべき事項・家庭との連携等を考え、作成するものである。


もっと簡潔にいえば、保育園に通う子どもたちにより良い保育を実践するため、保育に関する計画を立てたものです。

あらかじめ保育指導案で保育に関する計画を立てることで、日々子どもと接する中で生じるトラブルや迷いを解消するために、役立ちます。子どもたちが充実した保育園生活を送り、健やか成長するためにも、保育指導案は重要なものです。

保育指導案の種類

保育指導案は、大きく長期計画と短期計画の2つに分けられます。長期計画には「年案(年間計画)」「月案」、短期計画には「週案」「日案」があります。ここではそれぞれの特徴を見ていきます。

年案

年案は年度始めや前に作成する、1年の方針となるものです。長い目で見て子どもたちが健やかに成長できるよう、保育活動の計画をします。

一方で月案や週案などは、年案を基盤として作成されます。そのため年案は月案や週案のベースとなる重要な指導案と言えるでしょう。

年案は主任保育士や学年のリーダー保育士など、まとめ役となる保育士が作成するケースが多くみられます。

月案

月案は月毎に作成する保育指導案です。年案の達成に向けて、指導計画に反映していきます。保育園では月毎に発表会や運動会のような行事、プールや遠足などの課外活動などがあります。そのため月毎にあるイベントも、計画に盛り込んでいきます。

週案

週案では月案を分解し、月〜金曜の1週間における明確な計画を立てていきます。月案よりも詳細に計画できるため、子どもの考えや動き、天候のようなものも踏まえて、柔軟かつ明確な指導案が作成できます。

作成する際には、月案では計画しきれないより細かな日常シーンに着目して作成してみるのがコツです。

日案

日案は前日の様子や反省点を踏まえて、タイムスケジュール形式で作成する指導案です。毎日作成するということもあり、保育指導案の中でも最も大変かもしれません。

日案は日々の子どもたちの様子から、できる限り具体的にイメージして計画を立てることが重要です。また保育士自身が1日の流れを把握した上で迅速かつ的確に動けるようにするためにも、丁寧な作成は欠かせません。

保育指導案の主な項目の書き方

保育指導案は、子どもたちが健やかな生活を送るために欠かせない重要なものです。現場で役立てる保育指導案を作成するためにも、指導案の項目や書き方への理解を深めていきましょう。

項目の名称はフォーマットによって多少違う可能性もありますが、ここでは「ねらい」「予想される子どもの姿」「環境構成」の3項目について解説します。

「ねらい」

「ねらい」は保育園で生活を送る上で、子どもに習得を期待する資質や能力のことです。保育所保育指針において「ねらい」は以下のように定義されています。

子どもが保育所において、安定した生活を送り、充実した活動ができるように、保育を通じて育みたい資質・能力を、子どもの生活する姿から捉えたものである。


とはいえ、どんな内容を書けば良いか悩みがちな部分であるため、いかに具体例を挙げていきます。

・生活リズムを整える
・トイレや着替え、食事などの生活習慣を身につける
・お友達と仲良くする
・遠足でのルールを守る
・下級生に優しくし、仲良くする など

つまり「ねらい」はもっと簡単にいえば、子どもたちに保育園生活で身につけてほしい、達成してほしいことです。「ねらい」を明確に作成することで、それに合わせてどんな指導が必要かを考えやすくなります。

年齢に応じて身体能力は異なるため、年齢に応じた最適な「ねらい」を作成する必要があります。

「予想される子どもの姿」

行事や課外活動などで、子どもたちがどのような行動をするか考え記入します。子どもたちの行動は予測不可なことも多いですが、日々の様子からなるべく具体的に作成してみましょう。以下で活動内容を踏まえて、予想される子どもの姿の具体例をいくつか挙げます。

活動内容歌やリズムに合わせて身体を動かす
予想される子どもの姿・音楽を楽しみながら、自発的に体を動かす
・友達とリズムを楽しんで喜ぶ
活動内容折り紙で好きなものを作る
予想される子どもの姿・折り紙で作りたいものを考える
・作りたいものができた時の喜びを知る
活動内容クラスでフルーツバスケットゲームをする
予想される子どもの姿・同じ椅子に座ってしまった際に、じゃんけんをして座る人を決める
・ぶつかって転んでしまった子に「大丈夫?」と声をかける子がいる

「環境構成」

「環境構成」には、活動においてどのような環境を作るかを記載します活動におけるねらいを達成するため、また安全性に考慮した上での環境を設定します。活動例を踏まえて、環境構成の具体例もみていきましょう。

活動内容歌やリズムに合わせて身体を動かす
環境構成・子ども同士がぶつからないように間隔をあける
・使用する楽器を点検し、安全性を確認する
活動内容折り紙で好きなものを作る
環境構成・子ども同士がものの貸し借りができるよう、グループごとに机を並べる
活動内容クラスでフルーツバスケットゲームをする
環境構成・椅子を教室の中心に円形に並べる
・床が滑らないかを確認する

「保育の配慮」

活動において、保育士が配慮すべき点や注意点を記載します。ねらいを達成するためにどんなサポートや声かけができると良いか、活動で予測されるトラブルを防ぐためには何に気をつければ良いかなどといった内容です。子どもたちの活動を予測して具体的に書くことで、現場でスムーズな対応ができます。

保育指導案作成5つのポイント

・対象となる園児たちをよく観察する
・勤務(実習)先の園の方針に従う
・前年度までの指導案を確認する
・「保育所保育指針」「保育所保育指針解説」を確認する
・実際の保育指導がイメージできるように書く

保育指導案の作成は難しく大変なものですが、以下ポイントを押さえることで書きやすくなるでしょう。

対象となる園児たちをよく観察する

子どもたちのねらうべき姿を達成するためには、年齢や子どもたち個々の発達段階を踏まえた計画が必要です。そのためには対象となる園児たちを、日々よく観察することが求められます。年齢や個人の発達段階に応じて、無理のない計画を立てましょう。

勤務(実習)先の園の方針に従う

保育指導案を作成する場合には、園の方針に沿うのが重要です。

指導案のフォーマットや方針は園によってさまざまです。これまでの指導案と異なる部分があったとしても、基本的には園の方針に従って作成しましょう。

前年度までの指導案を確認する

前年度までの指導案を確認することで、一貫性のある保育指導案が作成できます。

特に週案や日案は、日々の細かい様子を基に作成されているものです。子どもたちがどのように考え、行動しているかを把握することで、最適な計画が立てられるでしょう。

「保育所保育指針」「保育所保育指針解説」を確認する

保育指導案に悩んだら、「保育所保育指針」や「保育所保育指針解説」を参考にするのがおすすめです。年齢別に求めるねらいや保育活動の必要性などが明記されているため、これらを参考にすることでねらいなどが立てやすくなります。

実際の保育指導がイメージできるように書く

実際の保育指導をイメージできると、保育指導案は書きやすくなります

また実際の保育指導がイメージできるように書くことで、現場でスムーズかつ的確な対応もしやすくなるでしょう。その日の保育活動における、自身の反省点や改善点もチェックしやすくなり、次に活かすこともできます。

保育指導案の役割や書き方を押さえよう

今回は保育指導案の種類や書き方などを解説しました。保育指導案は、子どもたちが健やかに成長するために重要なものです。実習生や保育士にとって悩みや負担も大きいものですが、それだけ重要な役割を果たします。

今回の記事を参考に、子どもたちの成長をサポートできる保育指導案を作成してみてください。